FUJIFILM フジノン XF16-55mm F2.8 R LM WR 正式発表

富士フイルムが海外でXF16-55mm F2.8 R LM WRを正式発表しましたね。開放F2.8の明るさ、豪華なレンズエレメント、最新のコーティング技術、絞りリング、最短撮影距離0.3m、防塵防滴、耐寒マイナス10℃と、手ぶれ補正こそ付いていませんが、かなり高性能なレンズですね。寸法は83.3×106mmとずいぶん立派になってしまいましたが、明るさと描写力を妥協せずに追及した結果でしょうから納得的です。予想価格は約14万円とかなり高いですが非常に楽しみです。

しかしまぁ、こうして改めて見ると鏡筒の径が太いですね。X-T1でこのバランス感ですから、その他のXシリーズのボディだとかなりアンバランスになりそうですが、この手の高性能ズームレンズに手を出すフォトグラファーはテクニックでカバーするでしょうから全然オッケイですよね。

XF16-55mmF2.8 R LM WR スペック表

焦点距離 24-84mm(35mm判換算)
開放F値 F2.8
レンズ構成 12群 17枚
非球面レンズ 3枚
EDレンズ 3枚
コーティング Nano-GIコーティング
絞りリング あり
手ぶれ補正 なし
AF駆動 リニアモーター
最短撮影距離 0.3m
フィルター径 77mm
寸法 φ83.3×106mm
重量 655g
防塵防滴 対応
耐寒 マイナス10℃

FUJIFILM X-T1 関連商品

 

その他の富士フィルム関連記事