Canonのカナ表記「キャノン」と「キヤノン」をSEO的観点からみる

Canonのカナ表記が「キヤノン」であるのは見た目の問題から

価格.comなどの掲示板で『Canonのカナ表記は「キャノン」じゃなくて「キヤノン」ね。』というツッコミを幾度となく見てきましたが、なぜカナ表記が「キャノン」ではなく「キヤノン」であるかというと、1947年に「精機光学工業株式会社」から社名変更した時に「キャノン」だと「ャ」の上に余分な空白があり、穴が空いたように見えて不格好なので、文字全体の見た目のバランスを考えて大きい「ヤ」にした、とういのが理由だそうです。

Googleでは「キャノン」と検索する人が圧倒的多数

ちなみに、Googleで調べたところによると、検索ワードの月間平均検索ボリュームは「キヤノン」が60,500件であるのに対して「キャノン」は165,000件と、約2.7倍以上の人が誤表記で検索しているので、SEO的な観点からすれば正式表記の「キヤノン」よりも誤表記の「キャノン」と表記する方が賢い選択です。また、これは字面のお話なので、読み方まで「キヤノン」と発音する必要はありません。

検索ワード キャノン キヤノン
月間検索平均数 165,000 60,500
 

その他のキヤノン関連記事