ライカSシステム グリッドスクリーンで水平・垂直を目視で整える Leica S

Canon EOS M2; EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM

1× Godox V850 clip-on flash
1× Godox Cells II

これまでキヤノンの一眼レフカメラを使っていた時は、AFエリアを囲う線とAFフレームを頼りに水平・垂直をあわせていたのですが、ライカSにデフォルトで入っているユニバーサルスクリーンには中央のターゲットマークしかないので水平・垂直を出すのに難儀します。ファインダー内左下には小さな水準器が付いていますが、それだけでは頼りないので、目視でスパッと構図を決められるグリッド付きのファインダースクリーンを購入しました。販売価格が42,120円(税込)となかなか高価でしたが、これで撮影がラクになりそうです。※写真内のスクリーンは標準装備のユニバーサルスクリーンです。

ライカ 関連書籍