SIGMA DP2 Quattro|フォビオンセンサーが第四世代になり画像処理エンジンも「TRUE III」へ

シグマから新しいDPシリーズのニュースリリースが出ましたね。昨日リーク画像を見た時はその独創的なデザインに情報の真偽を疑いましたが、なんとビックリ事実でしたね。メリルになってモッサリになったスタイリングから一転、かなりエッジの効いたテイストでとても良いと思います。特にグリップの形状が独特なので一見するとバッグへの収まりがわるそうですが、クアトロ同士なら小さなバッグにクッションボックスを入れて3部屋に仕切り、28mm、45mm、75mm一式を立てて入れればレンズの厚みでボディ同士は干渉せずに並べることが可能で、むしろすごく取り出しやすい状態で持ち運び出来るような感じがします。DPシリーズはこれまでも「欲しいなぁ、買おうかなぁ」とずっと憧れつつも、レスポンスや高感度などの面で躊躇してきましたが、クアトロでは第四世代のフォビオンセンサーに加えて、新世代の画像処理エンジン「TRUE III」が搭載され、画素数も少し抑えられているので、画質、レスポンス、高感度共に確実に進歩していそうですね。いづれにしても楽しみなカメラです。このカメラの詳しい情報はこちら「SIGMA DP2 Quattro