今春発売予定の中判デジタルカメラ PENTAX 645D 2014(仮)について

先日CP+2014で参考出品されたPENTAX 645D 2014(仮)がとても気になっています。このカメラ、つい最近発売になったPHASEONEのデジタルバック「IQ250」と同じ44×33mm 5000万画素のセンサーを搭載しつつ、AF性能、最高ISO感度といった基本性能を進化させたモデルとのことで、高画素大型センサー原理主義者たる私の購買意欲を大いにくすぐる存在です。

仮にPHASE ONEで中判デジタルカメラのシステムを組むとなるとPHASEONE(Mamiya Leafでもいいですが)のカメラボディ「645DF+」にデジタルバック「IQ250」、シュナイダー 80mm F2.8のレンズという組み合わせで530万円ぐらいのお金が必要になるところ、PENTAX 645D 2014のボディ価格は100万円以下という噂なので、約34万円の純正マクロレンズ 90mm F2.8とあわせても4分の1以下の投資で済みます。当然、PHASEONEとは撮影体験の質に差があるとは思うのですが、アウトプットされる画質に限って言えば(レンズに違いはあれど)かなり近い品質が得られるはすなので、やっぱりとても魅力的ですね。

ただ、2010年発売の645Dから一切進歩していないボディデザインの野暮ったさには少々テンションが下がります。PHASEONEやHasselbladのカメラからは「おおっ!こいつはスゲェ写真が撮れそうだ!」という直感がありますが、PENTAXには無い。私はカメラを単なる道具とは割り切れない性格で、写真を撮るに時には心から湧き上がるカメラへの愛を感じたいし、心地良い使い心地の快楽を享受したい性分なので、もっと洗練されたセンスを持つデザイナーを登用して、目でも手でも心でも撮影を楽しめるデザインに仕上げてほしいものです。例えばSIGMAなんかは最近その領域にとても力を入れていますよね。昨年リストラした3つのプロダクトラインからリリースされるレンズ群や、CP+2014でお披露目されたSIGMA DP2 Quattro等の洗練されたルックスを見てると「SIGMAいいねー!」って感じます。是非この辺りはPENTAXさんもフォローしてほしいところです。とかなんとか言いつつ、やっぱり645D 2014のコストパフォーマンスには抗いきれない魅力があるので、正式なスペックの発表が待ち遠しいですね。

PENTAX 645D 2014(仮)の予想スペック
発売時期:2014年春頃
センサー画素数:4000〜5000万画素
AFセンサー:SAFOX XI
連続撮影可能コマ数:3枚/秒
最高ISO感度:102400もしくわ204800
シャッター耐久回数:10万回
テザー撮影:デフォルトで対応

ちなみに、実は今回各メーカーのフラッグシップ機が写しだす6000万画素や8000万画素の圧倒的に美しいサンプル画像を見てしまったりして、「買うなら6000万画素以上がほしいなぁ、あれ?海外からの個人輸入ならMamiya LeafのCredo 60ってこんな金額で買えるんだぁ、えっ!ボディ+レンズでこの値段!?40なら射程距離範囲じゃん!?」などなど、いろいろと情報を接種しすぎて心が散らかっちゃったので、一旦中判デジタルへの憧れは封印してライカM型での写真撮影を楽しもうと思う今日この頃でした。