ライカMモノクローム+ズミルックスで夜間撮影

いつもはロードバイクで通っている往復6km強の通勤路をたまには徒歩で行ってみようと思い立ち、ライカMモノクロームと50mm、35mmを持って歩いてみました。往路はいつもの見慣れた光景で、撮影意欲の湧く対象はあまり発見できませんでしたが、暗くなった復路では風景が一変して大いに写欲を刺激されました。ただあくまでも通勤途中ということでコロコロ変わる露出をいちいちマニュアルで決めるのは面倒と思い、アンダー気味に露出補正したAEとオートISOに設定して良い塩梅のポイントで測光&AEロックをしながら撮影しましたが、Lightroomで開いてみてビックリ、開放F1.4、1/4秒、ISO10000というありえない露出のカットでも味わい深い写真が撮れていました。レンズの性能もさることながら、ライカM型カメラが生来持っている手ブレ耐性とMモノクロームの高感度耐性は本当に素晴らしいですね。改めて関心いたしました。今後は夜も積極的に撮影に出かけたいと思います。


Leica M Monochrom; SUMMILUX-M

M型ライカで撮影した関東小旅行記

Photograph by KATSUHIKO WAKAYAMA
©All rights reserved.