モノクロ現像専用プラグイン「Silver Efex Pro 2」インプレッション

Mモノクロームにバンドルされている「Silver Efex Pro 2(モノクロ現像専用のソフト)」を使い始めました。モノクロ現像はこれまでLightroomだけで行っていましたが、Silver Efexはとても使いやすく、仕上がりのクオリティーがLRよりもちょっと良いです。また、PhotoshopやLightroomのプラグインとして「他のツールで編集」から起動でき、作業完了後のTIFFファイルはホストとなるソフトのライブラリに自動的に保存されるので作業はとてもシームレス。本当に便利ですね。

ちなみに、Lightroomでも可能な補正メニューが多いのですが、Silver Efexでは「明るさ」や「ストラクチャ(LRでいう明瞭度)」等の修正をハイライト、中間調、シャドウと別々に行えるので、Lightroomだとスポット修正で頑張らなければいけない場面でも、スライダーバーの操作一発で同じような結果が得らる作業領域が多いです。もちろんSilver Efexでもスポット修正はできますので、とことんディテールに拘りたい時も対応可。さらに、カラーフィルター、フィルムシミュレーション、トーニング、ヴィネッティング、周囲の焼き込み、フレーム加工など、モノクロ写真現像を面白くする機能がいっぱいあるので現像作業が楽しくなります。一方、操作がとても簡単なのが災いしてか、仕上がりイメージをきちんと持たずに何となくでスライダーバーを動かしてるとすぐ平坦でつまらない写真になってしまうので、注意が必要であるとも思いました。