機材購入 FUJIFILM X20|テスト撮影 JPEG撮って出し

いつぞやのエントリーで「買わない」と宣言していたX20を買ってしまいました。メインの用途は妻からよく頼まれる(これまでは一眼レフで撮っていた)オークション用の写真撮影ですが、別の用途でも本気で撮ればそれなりに応えてくれる画質であり、かつワイヤレスストロボ発光ができるアクセサリーシューのある機種。という条件で探したところ、RX100IIとX20が最終候補になりました。

画質だけで言えばRX100IIの方が良いのですが、実機を触った時のフィーリングが今ひとつピンと来なかったのと、価格差の問題もあって最終的にX20に決めました。その後、数日間放ったらかしにしてたのですが今日頼まれた妻のオークション写真の撮影ついでにライカMモノクロームを被写体に適当にライティングしてテスト撮影をしてみたところ、想像通りの描写で満足しています。デフォルトのJPEGオンリーで撮ってしまったので所謂「撮って出し」ですが、4万ちょいのカメラでここまで写るなんて素晴らしいですね。

今回の撮影で気になったのは背面モニターの性能で、拡大映像のジャギーが酷くて辛いなという印象を受けました。画素数の少なさなのか、増感されて荒れているだけなのかは解りませんが、フォーカスピーキングを便りになんとか合わせる感じです。今回は室内だったので屋外だと違うのかもしれませんが、いづれにしてももっと綺麗な映像でピント調節したいですね。次の機種に期待です。


FUJIFILM X20 Test Shot

Photograph by KATSUHIKO WAKAYAMA
©All rights reserved.