ライカのおかげで効き目がコントロールできるように

突然ですが効き目の判定方法をご存じでしょうか?やり方はとても簡単です。まずしっかりと両目を開け、左右どちらの手でも良いので人差し指と親指で輪をつくる(いわゆるOKサインの状態)。そしてその輪の中心に目標物を入れる。その状態で左右片方づつ目をつぶると、どちらか一方の目には輪の中心に目標物が入り、もう一方には入らない。輪の中心に目標物が入った方が効き目。という具合です。

これまで私の効き目は左目だけだったのに

私は生まれてこの方ずっと効き目は左目で、これまで主に一眼レフを使っていた時は常に効き目の左目でファインダーを覗いていましたが、ライカでは左目の接眼に違和を感じたので、右目を接眼するスタイルに変えました。顔の右頬をボディの背面にピッタリとくっつけて、カメラと顔を一体化させるかのように固定するのが私のやり方で、このスタンスが最もカメラとのシンクロ率が上がるんです。

やがて効き目がコントロールできるようになった

するとどうでしょう。ある日の入浴中にふと効き目判定をやってみたら右目で輪っかに目標物が入るようになっていました。「えっ!?」と思って、今度は左目を意識してやってみると左目でも目標物が入る。なんだか嬉しくなってお風呂上がりにいろんな対象物を輪っか越しに左右の目で見ましたが、左右が自由自在です。どうやら私、効き目がコントロールできるようになったようです。

ま、だからどうした?な話なんですが。強引にまとめて終わらすと、「俺、左が効き目だったけど練習したら両目が効き目になったよ」というお話です(笑)


Photograph by KATSUHIKO WAKAYAMA
©All rights reserved.