Canon EF24-70mm F2.8L II レビュー&実写サンプル 70mm域

EF24-70mm F2.8L IIの実力テストの続き、70mm編です。70mmでは糸巻型の歪曲収差がさらに顕著になります。解像感については、もはやいわずもがなで中央部は開放から極めてシャープ。周辺については50mmと同じ性質の描写でした(絞り込まないと広角側と同水準の画質にならない)。

というわけで広角から望遠まで一通り試しましたが、ポイントをまとめると、周辺減光は広角側で顕著。歪曲もズームレンズなりに顕著。色収差は全域よく抑えられている。中央の解像力はどの焦点域も極めてシャープ。周辺の解像力は広角側では大健闘、望遠側はやや甘い。というのが私が所持している個体の評価になります。

ちなみに、純正レンズの強みとしてDPPによる補正が可能ですので、周辺減光や歪曲などは許容範囲のディテール消失で解消できますし、最新の設計だからかDLO(デジタルレンズオプティマイザー)の効果が非常に顕著だという好印象があります。また、上述した望遠側の周辺解像力の甘さも、正直なとろ実写で致命的な問題になるようなレベルでもありませんので、24-70mmの焦点距離が一本で済む利便性、機材を減らせることによる身体への負荷軽減など、ズームレンズの恩恵を考えれば非常に素晴らしいレンズだと評価します。

ちなみに24mm-F1.4L、35mm-F1.4L、50mm-F1.2Lなどの大口径単焦点や、ズームで評価の高い70-200mm-F2.8L II(の70mm域)と比較をしてみましたが、歪曲の少なさや周辺部の描写、F1.2(又は1.4)のボケ等、描写力という点では総合的に負けていることは明らかでした。

しかし、望遠側の周辺解像力以外は単焦点レンズに匹敵する描写力を持っていすし、その他のウィークポイントについてもDPPを駆使すれば同等の水準まで画質を向上させることができますので、これからの撮影ではEF24-70mm F2.8 IIの出番は増えそうです。

※その他の焦点距離の記事はこちら(24mm / 35mm / 50mm

▼EF24-70mm F2.8L II - 70mm/F2.8


▼EF24-70mm F2.8L II - 70mm/Center(中央) F2.8


▼EF24-70mm F2.8L II - 70mm/Corner(周辺) F2.8


▼EF24-70mm F2.8L II - 70mm/F4


▼EF24-70mm F2.8L II - 70mm/Center(中央) F4


▼EF24-70mm F2.8L II - 70mm/Corner(周辺) F4


▼EF24-70mm F2.8L II - 70mm/F8


▼EF24-70mm F2.8L II - 70mm/Center(中央) F8


▼EF24-70mm F2.8L II - 70mm/Corner(周辺) F8



EF24-70mm F2.8L II - その他の焦点距離のレビュー&実写サンプル


その他のキヤノン関連記事